ホーム > 会社 > 会社案内


ジンコソーラーホールディング.

ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2017年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで6.0GW、太陽電池で4.5GW、太陽光発電モジュールで7.5GWの年間総発電容量がある。


ジンコソーラーは中国(5)、マレーシア、ポルトガル、南アフリカの生産施設、中国(2)、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アラブ首長国連邦は、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ブラジルとメキシコに18の世界販売オフィス、ドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本(2)、インド、南アフリカ、チリ、ブラジル、トルコ、メキシコ、アラブ首長国連邦に16の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。



概要

ジンコソーラーは2010年のニューヨーク証券取引所における株式公開以来、太陽光発電産業のグローバルリーダーです。

品質

ジンコソーラーは、垂直統合された生産プロセスのすべての段階を正確にコントロールしています。

テクノロジー

ジンコソーラーは、すべての発電所を最適化するために、先進の結晶シリコン太陽電池技術を結集します。