ホーム > 会社 > 品質

高効率、信頼性および安全性を"品質"の3本柱として

ジンコソーラーは生産プロセス全体に対し厳密な監視体制をとっています。すべてのセルおよびモジュールに少なくとも36段階の最も厳しい品質検査を行ない、最も先進的なUL認証試験ラボで総合的な社内テストを実施しています。また、熱帯の湿度、砂漠の熱、沿岸塩水噴霧または農業アンモニアが充満する環境などの極端な条件の下で自社製品をテストしています。発電設備は、場所、環境に関わらず少なくとも25年間以上機能することが求められます。そのためには、最高の品質基準に応える必要があります。25年間以上にわたるエネルギー供給を確実にするために、ジンコソーラーは設計、性能およびソーラー製品製造の最高工業規格を維持しています。

 

実環境で保証された性能

上記の要因の結合がジンコソーラーのパネルの最高の発電能力とパフォーマンスを有効にさせ、2012年フォトンラボフィールドモジュール試験結果により証明された実世界の状態で機能と性能を保証します。PIDフリーのおかげで、ジンコソーラーのパネルは他社よりも、高温高湿環境下でより良いパフォーマンスが示されました。

 

優れた機械的並びに化学的ストレス耐性機能のおかげで、ジンコソーラーのパネルは頻繁な台風、地震、雪や風、コースト近所、アンモニアが充満する農場を含む過酷な自然条件の下でも高い性能を発揮します。

ジンコソーラーのパネルは最先端のソーラーウェハと電池技術のおかげで、早朝、夕方や曇りの日にもより多くの発電が可能です。

光誘起劣化が非常に少ないため、長期間にわたり信頼性の高い出力を実現します。

 

ビジネスのあらゆる面で品質を追求

ジンコソーラーのすべての社員には、最高品質のサービスを提供する責任があります。目標達成のために、各人が自身を評価し、常に業務の改善に取り組んでいます。私たちの最大の目標は、完璧な顧客満足度を達成し、維持することです。