ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーアメリカ支社とアメリカウェルズ•ファーゴ銀行と信用契約を結ぶ

11/12/2014

ジンコソーラーアメリカ支社とアメリカウェルズ·ファーゴ銀行と信用契約を結ぶ

 

上海,20141111日-本日より、世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)は本日より、ジンコソーラー全額出資のアメリカ支社(以下“ジンコソーラーアメリカ”と略称)がアメリカウェルズ•ファーゴ銀行(以下“ウェルズ•ファーゴ”と略称)と2年間の期間2000万ドルの信用契約を結んだことを発表した。資金はジンコソーラーアメリカの運営資本補充に使用される。

“我々はウェルズ•ファーゴと提携することをとても嬉しく思います。これも国際知名金融機構がジンコソーラー社を信頼し、発展見込みがあると思われていることを表しています。”ジンコソーラーのCFO曹海雲氏が述べた。“本契約は、ジンコソーラーがアメリカだけではなく全世界各地でも日々融資能力また信頼を増強していることを証しています。我々は、業界トップクラス企業のジンコソーラ社の独特な優勢を、十分に利用し、全世界のマーケティングのレイアウトを加速させていきます。全世界のキーマーケットの開拓をし続くと同時に、我々は引き続き各金融機関とよりよい関係を維持していきます。”

ジンコソーラー(Jinko Solar) 社について

ジンコソーラー有限公司(NYSE:JKS)は、世界トップクラスの太陽光発電企業として、生産拠点を江西省上饒市と浙江省海寧市、グローバルマーケティングの中心を中国上海市浦東新区に置いています。その他、ジンコソーラー社はグローバルマーケティングのネットワーク構築の為、上海、北京(中国)、シンガポール、ミュンヘン(ドイツ)、サンフランシスコ(アメリカ)、クイーンズランド(オーストラリア)、オンタリオ(カナダ)、ボローニャ(イタリア)、ツーク(スイス)、東京(日本)、ケープタウン(南アフリカ)にもそれぞれ子会社を設立致しました。

ジンコソーラー社は高品質のインゴット、ウェーハ、セル、及び高効率単多結晶モジュールを生産しており、2014331日時点で、インゴット、ウェーハ、セル垂直統合による生産能力が約2.0ギガワット、モジュール生産能力は約2.1ギガワットを達成致しました。ジンコソーラー社は常に世界トップクラスの太陽能光発電製品を提供することにこだわっており、マーケティングネットワークは、主にヨーロッパ、アメリカ、及びアジア太平洋諸国(イタリア、ドイツ、ベルギー、スペイン、アメリカ、カナダ、東欧、オーストラリア、中国、インド、日本及び南アフリカ)などの主流PVモジュール市場に拠点を置いています。

 

詳しくは:www.jinkosolar.com

ジンコソーラー両面発電モジュールの効率 世界記録を更新

01/20/2020

2020年1月17日、世界初の「RE100」に加入した太陽光発電メーカーのジンコソーラー(NYSE: JKS)は、第三者試験認証機関であるテュフ・ラインランド(TÜV Rheinland)の試験を通じて、最新研究開発した両面発電モジュールの正面効率は22.49%で、量産モジュールの効率の.

詳細へ

ジンコソーラー 日本北海道最大級蓄電池併設型メガソーラーに92 MW Cheetahモジュールを供給

01/07/2020

2020年1月7日、ジンコソーラーは日本北海道の釧路町における蓄電池併設型メガソーラーに92 MW高効率Cheetahモジュールを提供すると公表した。これは日本国内最大級の蓄電池併設型メガソーラーの一つである。 同プロジェクトは約163ヘクタールの遊休地を活用して、2.

詳細へ

ジンコソーラー、上海空間電源研究所と宇宙用太陽電池を共同開発

01/07/2020

2020年1月7日、太陽光発電業界で初のRE100に加盟した太陽光発電企業ジンコソーラーは、上海空間電源研究所と戦略的提携枠組み協定を締結し、宇宙太陽光発電所向けの電池技術を共同開発すると発表した。 ジンコソーラーと上海空間電源研究所は、宇宙.

詳細へ