ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーに原発事故の土地を再利用させ

08/28/2017

2017年8月28日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は福島でのプロジェクトが好評をもらったと発表した。2011年福島大震災から数年間を経過したが、事故の余韻まだ残っている。科学分析によると、放射能は自然に消えるまで約170年の時間がかかる。それは大切な土地資源に多大的なダメージを与える、多くの人は自分の故郷に戻る事ができなかった。現状「福島より放射能汚染の影響で各種作物の栽培ができなかった土地は荒れ果てており、どのようにしたらその土地を再生させる事ができるか」、熱い話題となった。
そこでジンコソーラーは被災地区福島での太陽光発電プロジェクトに472KWの高効率モジュールを提供した。すでにプロジェクトは系統連系を完了し、わずか10日間で68万円の売電収入を得た。予想収益を超え、ご当地のお客様からは好評と称賛を受けた。ジンコソーラーが一部未利用の土地を生まれ変わらせ、付加価値を創造し、当地の電力供給不足問題を緩和した。
Phytopharma会社の司馬社長は「ジンコソーラーは福島のプロジェクトに高品質のモジュールを提供し、ユーザーに投資収益をもたらす事ができた。一方、太陽光発電所と発電所の運営保守により、地元の住民の雇用促進に役立ちたいです。」とコメントした。
「我々はずっと福島のことを注目しています。ジンコソーラー、今回は太陽光発電によって未利用土地に新価値に与えて、大変嬉しく思います。我々は「エネルギー構造を変え、未来を担う」のビジョンを目指し、高効率の製品と、もっといいサービスを日本、福島に提供したいのです。頑張れ福島!頑張れ東北!”とジンコソーラージャパンのVicky社長はコメントした。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について


ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2017年3月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで5GW、太陽電池で4GW、太陽光発電モジュールで6.5GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは中国(5)、マレーシア、ポルトガル、南アフリカに8つの生産施設、中国(2)、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アラブ首長国連邦は、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ブラジルとメキシコに18の世界販売オフィス、日本(2)、シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリアや南アフリカに15の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。


【セーフハーバーステートメント】

このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。


投資者とメディアは下記と連絡してください

Mr. Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 5183 3056
Email: pr@jinkosolar.com

ジンコソーラーは、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスによるプロジェクト債権融資に使用された太陽電池ブランド選抜でチャンピオンを獲得、「最もバンカビリティー」のあるモジュールメーカーと評価された

09/20/2017

上海 - 2017年9月20日 - 世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー”)(NYSE:JKS)はブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(「BNEF」)によるプロジェクト債権融資に使用された太陽電池ブランド選抜において、52のモジュ.

詳細へ

ジンコソーラーが関西PV EXPO2017に出展

09/20/2017

上海、2017年9月20 日,世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー”)(NYSE:JKS)は半セル、N型両面ガラスモジュールなど多種高効率製品を連れ、関西PV EXPO 2017に出展します。 .

詳細へ

ジンコソーラーに原発事故の土地を再利用させ

08/28/2017

2017年8月28日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は福島でのプロジェクトが好評をもらったと発表した。2011年福島大震災から数年間を経過したが、事故の余韻まだ残っている。科学分析によると、.

詳細へ