ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーが関西PV EXPO2017に出展

09/20/2017

上海、2017年9月20 日,世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー”)(NYSE:JKS)は半セル、N型両面ガラスモジュールなど多種高効率製品を連れ、関西PV EXPO 2017に出展します。


展示会では、ジンコソーラーの半セルモジュールが優れた性能によって注目されました。低電気抵抗半電池技術、減熱抵抗、出力がアップし、システムの損耗を抑えます。60セルの多結晶モジュールの最高出力は285W、60セルの単結晶モジュールの最高出力は295Wです。業界同類の常規モジュールより、5〜10Wを高いです。ジンコソーラーのハーフカットセル製品は、低光減衰PERCと低損耗接続技術を採用し、初光減衰と平均減衰は普通の単結晶モジュールより低く、モジュールの実発電を上げる。そして温度係数を改善し、多種の要因にてシステムの長期信頼性やその他の優位性を確保し、お客様に実行サイクルで高い収益を得られます。常規モジュールより、ジンコソーラーの半セルモジュールがより高効率、美観など性能によって、屋上などプロジェクトに適切します。


「ジンコソーラーはグロバール的な企業として、日本地域の発展も幅広いのです。現在、東京と大阪でも事務所を設立し、静岡と福岡でも流動センターがあり、そして、これからも北海道と九州で新しい事務所を設立するつもりです。それより、日本のユーザーにもっと良いサービスを提供します。関西地域では、兵庫7.24MWの太陽光発電プロジェクトと大阪の1MW水上メガソーラーに続いて、この間では、三重県津市の2.548MW水上メガソーラーにモジュールを供給します。これはジンコソーラーが目前日本で一番大きな水上メガソーラーで、同時に、これもジンコソーラーが日本で初めての1500V対応モジュールを供給した事例です。」とジンコソーラージャパンの社長Vicky Sunがコメントしました。


ジンコソーラーは設立から、均衡のグローバル市場配置をしています。日本市場での発展もとても重視し、ジンコソーラー製のすべての高効率モジュールがJETまたTÜV Rheinlandのような権威的な第三者の認証を獲得し、そして、世界初の量産型のPVモジュールがダブルIEC62804標準の耐PID性能テストを通過したPVモジュールメーカーになりました。これから、ジンコソーラーは日本のパートナーと協力し、日本の太陽光発電発展に助力します。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について

ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2017年3月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで5GW、太陽電池で4GW、太陽光発電モジュールで6.5GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは中国(5)、マレーシア、ポルトガル、南アフリカに8つの生産施設、中国(2)、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アラブ首長国連邦は、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ブラジルとメキシコに18の世界販売オフィス、日本(2)、シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリアや南アフリカに15の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。

投資者とメディアは下記と連絡してください
Mr. Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 5183 3056
Email: pr@jinkosolar.com















ジンコソーラーは、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスによるプロジェクト債権融資に使用された太陽電池ブランド選抜でチャンピオンを獲得、「最もバンカビリティー」のあるモジュールメーカーと評価された

09/20/2017

上海 - 2017年9月20日 - 世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー”)(NYSE:JKS)はブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(「BNEF」)によるプロジェクト債権融資に使用された太陽電池ブランド選抜において、52のモジュ.

詳細へ

ジンコソーラーが関西PV EXPO2017に出展

09/20/2017

上海、2017年9月20 日,世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー”)(NYSE:JKS)は半セル、N型両面ガラスモジュールなど多種高効率製品を連れ、関西PV EXPO 2017に出展します。 .

詳細へ

ジンコソーラーに原発事故の土地を再利用させ

08/28/2017

2017年8月28日、世界をリードする太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングス株式会社(“ジンコソーラー株式会社”)(NYSE:JKS)は福島でのプロジェクトが好評をもらったと発表した。2011年福島大震災から数年間を経過したが、事故の余韻まだ残っている。科学分析によると、.

詳細へ