ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーは複数の電池モジュール技術が世界記録に達成 ジンコソーラー、単結晶PERC電池の転換効率22.78%に達成

10/25/2017

2017年10月25日、世界をリードする大手太陽光パネルメーカーのジンコソーラーは複数の電池モジュール技術が世界記録を達成したと発表しました。中国科学院の検査実験室の検証によって、ジンコソーラー開発のP型単結晶PERCセルの転換効率は22.78%に達成し、新しい世界記録を作りました。これは今年ジンコソーラーがP型多結晶シリコン太陽電池の変換効率が22.04%の世界記録を破った以来、単結晶PERCセルの変換効率も世界記録を更新しました。そして、TUVラインランドの実験室の検証によると、ジンコソーラーは60セルのP型単結晶パネルの出力が356.5Wに達成し、60セルのP型多結晶パネルの出力が347.6Wに達成し、業界から注目されました。

複数の高効率技術を採用されて、P型PERC太陽電池の変換効率が大幅増加しました。具体的には:高性能P型シリコン基板、鈍化技術、複層反射防止膜技術、SE-selectiveemiter技術、マルチバスバー技術などがあります。その中でSE-selectiveemiter技術とマルチバスバー技術は電池表面の複合損耗を大幅減らせます、PERCセルの開放電圧及び変換効率を増やします。そして、ジンコソーラーは独自の複層鈍化技術も要因になります。モジュール内部の電気損耗が減らすことや内部光の有効利用によって、モジュールの効率がアップしました。

ジンコソーラーのCEOチンカンピン氏は「技術開発と市場ニーズの拡充によって、ジンコソーラーは自身の技術的な優位性のおかげて、世界における地位を大幅にアップしました。先端の実験室の研究開発領域でも他社よりリードし、先進の製造プロセス、量産のスピードと良品率のコントロールでは優位性を持っています。それによって、ジンコソーラーは記録的な高出荷量を達成しました。これから、弊社は研究開発を続けて投入し、研究開発した成果を生産に入れて、規模化を実現するために産能をアップし、キロワット時(kWh)の発電コストを下げます。ジンコソーラーは技術の研究開発と最先端の量産製造の推進ではトップクラスの太陽光発電メーカーを目指しています。」とコメントしました。
ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2017年3月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで5GW、太陽電池で4GW、太陽光発電モジュールで6.5GWの年間総発電容量がある。
ジンコソーラーは中国(5)、マレーシア、ポルトガル、南アフリカに8つの生産施設、中国(2)、イギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、アラブ首長国連邦は、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、エジプト、モロッコ、ガーナ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ブラジルとメキシコに18の世界販売オフィス、日本(2)、シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリアや南アフリカに15の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。

投資者とメディアは下記と連絡してください:
Mr. Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 5183 3056
Email: pr@jinkosolar.com


ジンコソーラーは中国の企業代表として、中国駐大阪総領事館(西日本中国企業連合会)2017忘年会に出席

12/09/2017

2017年12月9日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSEコード:JKS)は、中国の企業代表として、中国駐大阪総領事館(西日本中国企業連合会)2017忘年会に出席しました。西日本中国企業連合会(元西日本中国商会)は、2004年12月30日に大阪で設立され、関西にある中国資本の企業.

詳細へ

ジンコソーラーは複数の電池モジュール技術が世界記録に達成 ジンコソーラー、単結晶PERC電池の転換効率22.78%に達成

10/25/2017

2017年10月25日、世界をリードする大手太陽光パネルメーカーのジンコソーラーは複数の電池モジュール技術が世界記録を達成したと発表しました。中国科学院の検査実験室の検証によって、ジンコソーラー開発のP型単結晶PERCセルの転換効率は22.78%に達成し、新しい世界記録を作りました。これは今年ジン.

詳細へ

ジンコソーラー、第27回太陽光発電国際会議に参加した

11/29/2017

2017年11月29日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSEコード:JKS)は、ジンコソーラー開発副会長金浩博士が東京工業大学(Tokyo Institute of Technology)の招待を受け、第27回太陽光発電国際会議(PVSEC-27)に参加しましたと発表しました。会.

詳細へ