ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラー、P型単結晶セル変換効率が世界記録を更新

05/11/2018

2018年5月9日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSEコード:JKS)は、高効率P型単結晶セルが、中国科学アカデミーの太陽光発電システムと風力発電システム品質試験センター(CAS)による認証試験で23.95%の効率で再び世界記録を更新したと公表した。

このP型モノウエハ技術は、ジンコソーラー自主的に開発した高ドープで低欠陥のウエハが優れたバルク品質を提供し、選択的エミッタ(SE)形成、シリコン酸化物パッシベーションおよびリア側パッシベーションのさらなる最適化の結果で、23.95%の高効率化を達成した。

ジンコソーラー独自の光捕獲技術はブラックシリコンを使用し、多層ARC技術は細胞の表面反射率を0.5%未満に低減し、短絡電流の着実な増加を最大限に保証する。金属化について、この高効率電池は先進電極を使用すると同時に、新しいタイプのスクリーン印刷ペーストを使用し、太陽電池フィルファクタの促進の結果として、直列抵抗および金属/シリコン界面化合物の確率を減少させる。

「弊社の最近の技術革新は、いくつかの最新技術を組み合わせたもので、とくに新しいコンタクト技術の導入により、従来のPERC電池の技術によりもたらされた技術的なボトルネック解消により、弊社のP型太陽電池の2017年の過去の効率の記録23.45%を大幅に上回った。弊社は技術開発の方面で継続的に投入します。そして、最も短い時間の中で実験室の研究の成果へ量産に転化します。市場のために、最も高効率で、最も信頼できる製品を提供します。」とジンコソーラーのCEOの陳康平はコメントした。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について

ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2017年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで8.0GW、太陽電池で5.0GW、太陽光発電モジュールで8.0GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で8ヶの生産拠点があり、日本 (2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、16の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】

このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。


投資者とメディアは下記と連絡してください:
Mr. Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 5183 3056

ジンコソーラーは「2018年最もバンカビリティーのあるモジュールメーカー」に入選

09/14/2018

2018年9月14日、世界的な有名な研究機関のブルームバーグ・ニュー・ エナジー・ファイナンス(BNEF)は、2018年プロジェクトのバンカビリティー(融資適格性)の世界太陽光発電のブランド・ランキングを発表した。グロバールで百軒以上の太陽光発電モジュールメーカーの中で、57のブランドが上位された.

詳細へ

ジンコソーラーは「BCG グローバル・チャレンジャー2018」に入選され

08/08/2018

8月8日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラーは「BCG グローバル・チャレンジャー2018」に入選されたと公表しました。これもジンコソーラーは初めてこのランキングに入選されました。 ボストン コンサルティング グループ(以下、BCG)は、世界をリードする経営コンサルティング.

詳細へ

唯一の太陽光発電会社として、ジンコソーラーは「サリヴァン中国新経済賞」を受賞

07/27/2018

2018年7月27日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSEコード:JKS)は、世界的な有名な成長コンサルティング会社Frost & Sullivanフロウスト・サリヴァンから「サリヴァン中国新経済賞」を受賞された。この賞は、成長、革新、リーダーシャプ、顧客サービス、投資、融.

詳細へ