ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラー、6種類の新製品を携えてSNEC 2018に展示

05/28/2018

2018年5月28日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は「丘を越えて、グリッドパリティを目指す」をテーマに、六つの新製品を携えて上海の2018年のSNEC展示会に出展しました。今年の展示会で、展示されたものは新たに発売されたCheetah 410Wのスーパー・トープランナーモジュール、リードしている380 W P型両面モジュール、全シリーズのハーフカットモジュール、金色の枠の「卓悦」シリーズモジュールがあります。

その中で、Cheetah 410W超効率モジュールは、グローバルで今まで商業化の量産を実現した一番高効率のモジュールタイプです。このシリーズのモジュールは初めて、主流出力が4.0時代、即ち400W以上まで向上し、ジンコソーラーは「中国スーパー・トープランナー」など究極の高出力市場ために作ったものです。

ジンコソーラーは2018年の核心理念は技術突破で、新たなCheetah シリーズは典範の作です。該当シリーズのモジュールは初めてジンコソーラーのP5スーパースマート工場で誕生し、目前のグローバルモジュールの製造のトップレベルを代表しています。Cheetahモジュールは、新しいシリコンと電池の設計を採用し、功率、減衰、陰影の遮るに抵抗すると信頼性などの各方面で、いずれも業界のトップに立っています。スーパー・トープランナーモジュールの新しいマークとなりました。目前、ジンコソーラーCheetah72セルモジュールの最高出力は410Wに達し、同類製品より30W以上高く、モジュールの変換効率は20.38%に達し、特に、スーパー・トープランナーなどの高技術要求及びグローバルでの大型メガソーラープロジェクトの需要に適用します。

それ以外、グリッドパリティ時代の旗艦製品として、ジンコソーラー製のハーフカットシリーズモジュールはすでに人気な製品となりました。ハーフカットモジュールの優位性は高くコストパフォーマンス、陰影の遮るに抵抗できるなどで、通常の同類モジュールより、平均の出力が5-10Wを高く、そして、地面、分散型、住宅市場など色々な場合でも使用できます。その中で、ジンコソーラーの単結晶72セルハーフカットモジュール、最高の出力は385 Wまで向上し、変換効率は19.53%まで達し、高効率と実用性を保証できます。

産業用で人気なN型両面モジュールとP型両面モジュールというと、ジンコソーラーも業界で唯一の二つの製品を提供する第一線のメーカーです。同社の380W単結晶P型72セル両面モジュールは再び技術で皆さんの認知を更新しました。一般的に、モジュールが水平またはほぼ水平に近い角度で取り付けます。しかし、両面モジュールは初めて垂直の設置方法を実現しました。設置面積を節約する同時に、両面発電も実現しました。それより、応用分野を広げ、高架のガードレール、ガラス屋、日光房、BIPVなどに設置できます。地上反射によって、追跡式の支柱を合わせて、単面モジュールよりも5-25%の発電量を高めることができます。ジンコソーラーN型385WモジュールはP型と同じ発電効果と特性を備え、さらに低減衰です。
住宅用市場に向け、ジンコソーラーは今回の展示会で初めて「卓悦」シリーズ金色枠の330 W住宅用モジュール(60セル)を展示された。調査によると、住宅用の顧客に一定の経済力があり、時代の最前線のライフスタイルを体験して、製品の個性化、品質化の需要が明らかになりました。「卓悦」シリーズは高効率(19.37%の変換効率)と優雅な外観の美学のデザインで、住宅用市場の要求に満足できます。

それ以外、「無枠」、「ダブルPID」の特性を主役する335Wのジンコソーラーブラックシリコン多結晶両面ガラスモジュールは業界で注目されています。同シリーズのモジュールは特に蒸し暑い地区に適します。

「新たな挑戦に向け、ジンコソーラーは既に準備完了しました。そして、今回のSNEC展示会で、6つの新しい技術の製品を展示し、業界にハイエンドの光伏智造の新しい内包を解釈しました。革新的な太陽光発電技術の指導者として、ジンコソーラーはこれからも引き続きハイエンド技術の研究開発を推進し、太陽光発電産業の発電を促進します。」とジンコソーラーCEO陳康平がコメントしました。



ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について

ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2017年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで8.0GW、太陽電池で5.0GW、太陽光発電モジュールで8.0GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で8ヶの生産拠点があり、日本 (2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、16の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】

このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。


投資者とメディアは下記と連絡してください:
Mr. Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 5183 3056


中国の太陽光発電企業の代表として、ジンコソーラーは2018年アジアクリーン・エネルギー・フォーラムに出席

06/06/2018

2018年6月6日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)はアジア開発銀行(ABD)の招待を受けて、ジンコソーラーは中国の太陽光発電代表として、フィリピンの首都マニラで開催される2018年アジアクリーン・エネルギー・フォーラムに出席して、「太陽光発電、緑を本当の経済にし.

詳細へ

ジンコソーラー、ウランバートルの太陽光発電に12.7MWのパネル供給

10/19/2017

上海―2017年10月19日―世界をリードする太陽光発電メーカージンコソーラー(「ジンコソーラー」或いは「会社」)(NYSE: JKS)がモンゴルのウランバートルで日立製作所の子会社である日立システムズ(Hitachi Systems, Ltd. 略称「日立」)が開発する太陽光発電プロジェ.

詳細へ

ジンコソーラー、6種類の新製品を携えてSNEC 2018に展示

05/28/2018

2018年5月28日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は「丘を越えて、グリッドパリティを目指す」をテーマに、六つの新製品を携えて上海の2018年のSNEC展示会に出展しました。今年の展示会で、展示されたものは新たに発売されたCheetah 410Wのスーパー・トープ.

詳細へ