ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラー、ウランバートルの太陽光発電に12.7MWのパネル供給

10/19/2017

上海―2017年10月19日―世界をリードする太陽光発電メーカージンコソーラー(「ジンコソーラー」或いは「会社」)(NYSE: JKS)がモンゴルのウランバートルで日立製作所の子会社である日立システムズ(Hitachi Systems, Ltd. 略称「日立」)が開発する太陽光発電プロジェクト向けに12.7MWの太陽電池モジュールを供給したと発表した。発電設備はファームド社が所有する。

ジンコソーラーは12.7MWの高性能PERCモジュールと特注の36セルおよび48セルデュアルガラスモジュールを提供した。これはジンコソーラーがモンゴル市場への初進出である。これもモンゴルは初めての公共事業規模の太陽光発電所である。発電所は、敷地面積28万m2の土地に建設し、2017年11月に送電網に接続予定の国内初のユーティリティ規模の太陽光発電所だ。日本環境省の支援を受け、建設費の40%は政府補助金で賄われた。ジンコソーラーは現在、2018年に建設開始予定の日立システムズが管理する他の2つのプロジェクトの競争候補として入札している。

「モンゴルが豊かな資源と広い草原に恵まれるので、太陽光発電で経済を発展させるには理想な場所になります。」日立システムFacility事業部部長藤本一明さんがこう述べた、「安定な電力が経済を安定に発展する保証であり、我々は現地に再生可能なエネルギーをバックアップするFarmdoのsolar farmプロジェクトに参加することを誇りに思っています。ジンコソーラーは全世界での発電実績、多様化製品、強い開発力を持ち、過酷な環境でも安定に稼働できます。ジンコソーラーとの提携がこのプロジェクトを成功させるキーとなることでしょう。」

「日立と連携し、このプロジェクトに参加することを大変嬉しく思っています」ジンコソーラーグローバル営業とマーケティング副総裁の苗根さんがこう述べた、「これはモンゴル市場へ進出する最も重要な一歩であり、今後現地の太陽光発電に明るい未来を創ることを期待しております。」



ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について

ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2017年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで8.0GW、太陽電池で5.0GW、太陽光発電モジュールで8.0GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で8ヶの生産拠点があり、日本 (2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、16の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】

このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。


投資者とメディアは下記と連絡してください:
Mr. Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 5183 3056

中国の太陽光発電企業の代表として、ジンコソーラーは2018年アジアクリーン・エネルギー・フォーラムに出席

06/06/2018

2018年6月6日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)はアジア開発銀行(ABD)の招待を受けて、ジンコソーラーは中国の太陽光発電代表として、フィリピンの首都マニラで開催される2018年アジアクリーン・エネルギー・フォーラムに出席して、「太陽光発電、緑を本当の経済にし.

詳細へ

ジンコソーラー、ウランバートルの太陽光発電に12.7MWのパネル供給

10/19/2017

上海―2017年10月19日―世界をリードする太陽光発電メーカージンコソーラー(「ジンコソーラー」或いは「会社」)(NYSE: JKS)がモンゴルのウランバートルで日立製作所の子会社である日立システムズ(Hitachi Systems, Ltd. 略称「日立」)が開発する太陽光発電プロジェ.

詳細へ

ジンコソーラー、6種類の新製品を携えてSNEC 2018に展示

05/28/2018

2018年5月28日、世界をリードする太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は「丘を越えて、グリッドパリティを目指す」をテーマに、六つの新製品を携えて上海の2018年のSNEC展示会に出展しました。今年の展示会で、展示されたものは新たに発売されたCheetah 410Wのスーパー・トープ.

詳細へ