ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラーダウンストリーム太陽光発電所事業がCDB International InvestmentとMacquarieの未公開株式投資を獲得、投資規模が2.25億ドル

07/30/2014

 ジンコソーラーダウンストリーム太陽光発電所事業がCDB International InvestmentMacquarieの未公開株式投資を獲得、投資規模が2.25億ドル

 

 

 

上海2014730日-世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)本日発表により、CDB International InvestmentMacquarie、またNew Horizon Capitalがジンコソーラーのダウンストリーム太陽光発電所業務に合計2.25億ドルの投資を同意した。

 

ジンコソーラーがダウンストリーム太陽光発電所業務の開発と運営をする全資子会社ジンコ電力有限会社は正式的にCDB International InvestmentMacquarieNew Horizon Capitalとそれぞれ株式購入契約を結んだ。契約により、CDB International InvestmentMacquarieNew Horizon Capitalはジンコ電力に合計2.25億ドルの投資を行う。三方の投資とジンコソーラーの追加出資の後、CDB International InvestmentMacquarieNew Horizon Capital三社は合計ジンコ電力の45%株を持つ。本新聞発表日まで、Macquarieの投資が全て完了した。CDB International InvestmentNew Horizon Capitalは取引条件を満たす後に投資手続きを完了する。三社投資者はプロジェクト融資、プロジェクト開発、プロジェクト運営、グローバルグリーンネットなどの面でジンコ電力の業務発展に役たつと予期している。

 

“我々はCDB International InvestmentMacquarieNew Horizon Capitalがダウンストリーム業務の提携先になるのはとても喜んでいる。プロジェクト資金を持ってき他同時に、ダウンストリーム業務の推進に全般的なサポートしてくれた。我々は彼らが弊社と業務ビジョンへの信頼を感謝する。同時にこういう資源統合に通して、ジンコ電力の業務発展が早くなれ、そしてジンコソーラーの株主に利益を持ち込むと信じている。”ジンコソーラー取締役社長李仙徳が述べた、“中国の太陽光発電所市場が高速に発展し、そして日々成熟してきている。CDB International Investmentの投資は国内資本が太陽光発電所領域の興味と日々増加している進入意向を表した、そして我々もMacquarieのグローバル資源ネットワークを通してグローバル太陽光発電所市場を再一歩開拓すると期待している。今回の融資によってジンコがダウンストリーム業務をスピンオフして上場することのマイルストーンとなる。新しいパートナーによって、我々は2014年ダウンストリーム業務プロジェクト開発指導が400MWから600MW以上に上昇し、年末までもつ発電所規模が800MWを超える。我々は今回によって国内太陽光発電所開発領域のリード位置を固める。”

 

 

 

ジンコソーラー(Jinko Solar)社について

ジンコソーラー株式有限公司(NYSE:JKS)は、世界トップクラスの太陽光発電企業である。生産拠点は江西省上饒市及び浙江省海寧市、グローバル経営販売センターが中国上海市浦東新区に位置している。そのほか、ジンコソーラー社はグローバルマーケティングシステム作りとして、中国上海、北京、シンガポール、ドイツミュンヘン、米国サンフランシスコ、オーストラリアクイーンズランド、カナダオンタリオ、イタリアボローニャ、スイスツーク、日本東京また南アフリカケープタウンに子会社を設立した。

 

ジンコソーラー社が高品質のインゴット、ウェーハ、セル、及び高効率単多結晶モジュールを生産しており、2014331日時点で、インゴット、ウェーハ、セル垂直統合生産能力が約2.0ギガワットに達成、モジュール生産能力が約2.1ギガワットに達成した。ジンコソーラー社は常に世界トップクラスの太陽能光発電製品を提供することにこだわっており、マーケティングネットワークは主にヨーロッパ、アメリカ、及びアジア太平洋数国、イタリア、ドイツ、ベルギー、スペイン、アメリカ、カナダ、東欧、オーストラリア、中国、インド、日本及び南アフリカなどの主流PVモジュール市場におる。

 

ジンコソーラー両面発電モジュールの効率 世界記録を更新

01/20/2020

2020年1月17日、世界初の「RE100」に加入した太陽光発電メーカーのジンコソーラー(NYSE: JKS)は、第三者試験認証機関であるテュフ・ラインランド(TÜV Rheinland)の試験を通じて、最新研究開発した両面発電モジュールの正面効率は22.49%で、量産モジュールの効率の.

詳細へ

ジンコソーラー 日本北海道最大級蓄電池併設型メガソーラーに92 MW Cheetahモジュールを供給

01/07/2020

2020年1月7日、ジンコソーラーは日本北海道の釧路町における蓄電池併設型メガソーラーに92 MW高効率Cheetahモジュールを提供すると公表した。これは日本国内最大級の蓄電池併設型メガソーラーの一つである。 同プロジェクトは約163ヘクタールの遊休地を活用して、2.

詳細へ

ジンコソーラー、上海空間電源研究所と宇宙用太陽電池を共同開発

01/07/2020

2020年1月7日、太陽光発電業界で初のRE100に加盟した太陽光発電企業ジンコソーラーは、上海空間電源研究所と戦略的提携枠組み協定を締結し、宇宙太陽光発電所向けの電池技術を共同開発すると発表した。 ジンコソーラーと上海空間電源研究所は、宇宙.

詳細へ