ホーム > プレス > ニュース

ジンコソーラー蘇州響水100MW太陽光発電システム

09/10/2014

ジンコソーラー蘇州響水に100MW送電開始 太陽光発電設備順調

上海,2014年9月10日-世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)は本日、蘇州響水のプロジェクト、100MW太陽光発電設備の送電を開始した。現在、ジンコソーラー社による太陽光発電所の発電量は300MWを超えた。

 

響水プロジェクトでは農業用の土地の追加利用せず、面積が200平方メートルの塩城響水沿海経済開発区内のいけすの上に立ち上げました。このプロジェクトは現時点、蘇州で立ち上げてる最大の太陽光発電所の一つであり、同時に国内最高のブーストレベル(highest boosting level)の太陽光発電所プロジェクトでもある。国の政策により響水プロジェクトでは20年間、国から1元(RMB/kw)の補助金を受け取ることが出来る。

 

“響水プロジェクトは東部エリアにある数少ないランドマーク型メガソーラー発電プロジェクトであり、当プロジェクトは江蘇省の工業密集エリアに並び(隣にある)、国家エネルギー局提唱の漁業と太陽光システムがコラボレーションする新政策により、より高効率な土地と太陽光資源を活用することが出来た。”ジンコソーラー李仙徳取締役社長曰く、“4月のプロジェクト開始から9月のシステム稼動まで、プロジェクトチームの傑出的な技術と、施工技術、各部門の協力により効率的にプロジェクトを進めることができました。2014年下半期は国家政策の推進と補助金政策実施の加速により太陽光市場がより飛躍していく事を信じています。弊社は十分な資金利用とこれまでの経験を活かし、より多くのプロジェクトを実行していくことにより、今年の開発目標を実現すると同時に投資収益も持ち込みたいです。”と述べた。

 

 ジンコソーラー(Jinko Solar) 社について

ジンコソーラー有限公司(NYSE:JKS)は、世界トップクラスの太陽光発電企業として、生産拠点を江西省上饒市と浙江省海寧市、グローバルマーケティングの中心を中国上海市浦東新区に置いています。そのほか、ジンコソーラー社はグローバルマーケティングネットワーク構築のため、上海、北京(中国)、シンガポール、ミュンヘン(ドイツ)、サンフランシスコ(アメリカ)、クイーンズランド(オーストラリア)、オンタリオ(カナダ)、ボローニャ(イタリア)、ツーク(スイス)、東京(日本)、ケープタウン(南アフリカ)に子会社を設立致しました。

 

ジンコソーラー社は高品質のインゴット、ウェーハ、セル、及び高効率単多結晶モジュールを生産しており、2014331日時点で、インゴット、ウェーハ、セル垂直統合による生産能力が約2.0ギガワット、モジュール生産能力は約2.1ギガワットを達成致しました。ジンコソーラー社は常に世界トップクラスの太陽能光発電製品を提供することにこだわっており、マーケティングネットワークは主にヨーロッパ、アメリカ、及びアジア太平洋諸国(イタリア、ドイツ、ベルギー、スペイン、アメリカ、カナダ、東欧、オーストラリア、中国、インド、日本及び南アフリカ)などの主流PVモジュール市場に拠点を置いています。

詳しくは:www.jinkosolar.com

ジンコソーラー両面発電モジュールの効率 世界記録を更新

01/20/2020

2020年1月17日、世界初の「RE100」に加入した太陽光発電メーカーのジンコソーラー(NYSE: JKS)は、第三者試験認証機関であるテュフ・ラインランド(TÜV Rheinland)の試験を通じて、最新研究開発した両面発電モジュールの正面効率は22.49%で、量産モジュールの効率の.

詳細へ

ジンコソーラー 日本北海道最大級蓄電池併設型メガソーラーに92 MW Cheetahモジュールを供給

01/07/2020

2020年1月7日、ジンコソーラーは日本北海道の釧路町における蓄電池併設型メガソーラーに92 MW高効率Cheetahモジュールを提供すると公表した。これは日本国内最大級の蓄電池併設型メガソーラーの一つである。 同プロジェクトは約163ヘクタールの遊休地を活用して、2.

詳細へ

ジンコソーラー、上海空間電源研究所と宇宙用太陽電池を共同開発

01/07/2020

2020年1月7日、太陽光発電業界で初のRE100に加盟した太陽光発電企業ジンコソーラーは、上海空間電源研究所と戦略的提携枠組み協定を締結し、宇宙太陽光発電所向けの電池技術を共同開発すると発表した。 ジンコソーラーと上海空間電源研究所は、宇宙.

詳細へ